神戸のオーダースーツ屋さん『洋楽オヤジの集まる服屋さん・BIGMAN』のブログ

神戸の元町にある70年代の洋楽好きが集まるセレクトショップ 『洋楽オヤジの集まる服屋さんBIGMAN』のブログです。 当店では、懐かしのロック・ソウル・フュージョンをBGMに、 55,000円から MADE in JAPAN にこだわった スーツならびにシャツをオーダーしていただくことができます。

パターンオーダー シャツ

ボタンダウンシャツの本来のルール

こんにちは、今日も神戸元町でクラプトンを聴きながら

もっとオーダースーツを広めるには?と考えている店主です。

 

 

先日、お客様と『ボタンダウンシャツ』の話題になったので、

あくまでも『本来のマナー』をまとめてみました。

ご存知の方も多いと思いますが、よかったら参考にしてください。

 



__ (20)
 

最初に結論から、

『ボタンダウンシャツは仕事には相応しくない』です。

 

 

そもそもボタンダウンシャツは、ポロ競技のユニフォームが始まりです。ポロの選手はユニフォームの襟がひらひらと動くと邪魔になるので、襟先をボタンで留めていました。それを参考にアメリカの『ブルックスブラザーズ』がポロカラーシャツ(ボタンダウンシャツ)として製品化しました。

 

 

ポロ競技がきっかけで生まれたシャツなので、ボタンダウンシャツはカジュアルなシャツ。当然ネクタイをしないのが本来のマナーです。

 

 

ビジネスシーンでボタンダウンシャツを着ていると、そのルーツを知っている人に、「マナーも知らないのか?」と思われるリスクがあるので、ビジネスでは、レギュラーカラーやワイドカラーなどのシャツにする方がいいですね。

 

 

『もちろん就活でもボタンダウンシャツはNGです』

 

 

同様に結婚式やお葬式といったフォーマルな場面で着るのもNG

 

 

ただ一方で、
デパートやスーツ販売店のクールビズコーナーでは、ボタンダウンシャツの販売が強化されているので、マナー違反と考える人が少なくなってきているのも事実。

 

 

スーツが好きな人や目上の人ほどこういったマナーに対して敏感なことが多いので「お客様と接するときに、ボタンダウンシャツを着るなんて非常識だな…」とか、「ボタンダウンシャツにネクタイの組み合わせって、ボタンダウンシャツの意味を知らないのかな…」とネガティブな印象をもたれてしまうリスクがあるので、
特に営業マンの方は、夏場であってもボタンダウンシャツを着るのは避けられた方がいいと思います。

 

 

シャツの襟のデザインを変えるだけで、営業成績がアップするかも!

 

写真のワイドカラーは剣先がカーブを描いているタイプで、

とてもドレッシーに見え、大人気です。

 __ (21)

 

 

熟練職人と最新マシンによる

ハイブリッド・オーダースーツとオーダーシャツを

こだわりの100%日本縫製にてご提供させていただきます。

 

神戸のオーダースーツ・オーダーシャツ

洋楽オヤジの集まる服屋さんBIGMAN

神戸市中央区北長狭通4-7-3

078-392-0519

営業時間11時~19時

水曜定休

efacd3a12781a9a1cf0c.jpg
 

完成 canclini (カンクリーニ)の自転車柄のシャツ

UK7

先日、完成したcanclini (カンクリーニ)の生地を使用したシャツ。


なんと、全体に自転車の刺繍が施されています

 



canclini (
カンクリーニ)は、

イタリアのコモにある1925年創業の


名門シャツ生地メーカーで、
エルメスやルイ・ヴィトン、ディオール、


グッチ、ゼニアといった世界的にも著名な
ブランドに納入されています。


「イタリアらしい斬新で明るい色使い」


「ひとたび袖を通すと実感できる全身をやわらかく包み込む着心地」が


最大の特徴です。

 



UK12

UK4

UK5

UK1

☆シルエット・・・背中にダーツを入れた細身のシルエット

 

☆衿・・・衿越し4.5センチのラウンドカラーで

     衿芯の硬さはレギュラーに。

 

☆胸ポケット・・・なし

 

☆カフス・・・衿に合わせてラウンドカットのシングルカフスで

       カフス芯の硬さはレギュラーに。

 

☆裾のカット・・・Uカット

 

☆ボタン・・・ピンクのポリエステルボタン

 

☆素材・・・イタリア製、コットン100%

 



ポイント

・逆三角形の細マッチョな上半身に合わせるため、

肩幅、ウェスト、ヒップのバランスにこだわりました。

 

・シャツイン、シャツアウト、

両方の使い方ができる着丈にこだわりました。

 

・カジュアルな柄ですが、ジャケットと合わせて

ドレッシーな着こなしもできるよう、

同じ生地でポケットチーフもお作りしました。

 

 



熟練職人と最新マシンによる

ハイブリッド・オーダースーツとオーダーシャツを

こだわりの100%日本縫製にてご提供させていただきます。

 

神戸のオーダースーツ・オーダーシャツ

洋楽オヤジの集まる服屋さんBIGMAN

 

神戸市中央区北長狭通4-7-3

 078-392-0519

 営業時間11時~19時

定休日 水曜

 

efacd3a12781a9a1cf0c.jpg
 

春のシャツ生地入荷 getzner / ゲッツナーのロンドンストライプ


春のシャツ生地が入荷してまいりました。

 



オーストリアの『
getzner  / ゲッツナー』というメーカーの生地です。


ん? 


オーストリアの生地?


という感じですが、

 


getzner
社のある場所が、オーストリアといってもの西の端、


スイスとの国境近く、イタリアのミラノのすぐ北、


と言えば納得していただけると思います。


創業も古く、1818年と老舗です。

 

Armani Hugo Boss Brioni Givenchy などのブランドにも


生地を提供しています。





 

今回、入荷したのは、

 

スモーキーブラック

 37IMG_20160215_0004


 

ブルー

 37IMG_20160215_0003


 

エクリュ

37IMG_20160215_0002
 


 

バーガンディ

 37IMG_20160215_0001


 

チョコレートブラウン

 37IMG_20160216_0001

 

の5色のロンドンストライプです。



 

因みに、ロンドンストライプは


同じ太さのストライプが等間隔に配列されているストライプのこと。


そして、和製英語です。


海外では通じないので、お気を付けください。


英米ではブロックス・ストライプとかストロング・ストライプと呼ばれています。

 




 

当店のオーダースーツおよびオーダーシャツは

すべて匠職人と最新機械とのハイブリッド・オーダーです。

全工程、完全に日本国内で丁寧にお作りする数少ない店のひとつです。

 

お問い合わせ先

 

神戸のオーダースーツ屋さん BIGMAN

神戸市中央区北長狭通4-7-3

Tel  078-392-0519

営業時間 11時~19時

定休日 水曜

efacd3a12781a9a1cf0c.jpg

(^^♪ マディ・ウォーターズのタブカラー・シャツ

(^^♪昔のジャズマン、ブルースマンはお洒落!


ブルース界の巨匠、マディ・ウォーターズもしかり。


この写真をご覧ください。

MW1

スーツのインナーにダブルカフスの


タブカラー・シャツを着ているのですが、


本来は、ネクタイを通して、衿元のVゾーンを引き締め、


カッチリした印象に決める為のタブカラー・シャツを


オープンにし、あえてノータイでコーディネートしています。


今でいうところの「ハズシ」ですね。






シンプルで力強いデルタ・ブギ・ビートを


エレキギターにより、現代のバンドスタイルの原型を作った


シカゴ・ブルースの父、マディ、流石です!(^^)!




 

タブカラーシャツは、


クラシカルでエレガントなイメージを


演出したい時にお薦めです(^^




 

当店では、このダブルカフスのタブカラーシャツ、


白無地ですと、7400円~ オーダー可能です。




 

どうぞ宜しくお願い致します。






熟練職人と最新マシンによる

ハイブリッド・オーダースーツとオーダーシャツを

こだわりの100%日本縫製にてご提供させていただきます。

ご来店お待ちいたしております。

 

価格(出来上がり価格・税抜)

スーツ 55000円~

ジャケット 45000円~

シャツ 6900円~

 

神戸市中央区北長狭通4-7-3

078-392-0519

営業時間11時~19時

定休日 水曜

 

神戸のオーダースーツ・オーダーシャツ

洋楽オヤジの集まる服屋さんBIGMAN

efacd3a12781a9a1cf0c.jpg

(^^♪完成!Getzner(ゲッツナー)の生地で作ったトレボットーニのオーダーシャツ

it1

先日、完成したI様のオーダーシャツです。


今回は、オーストリアの「Getzner社」の生地を使用しました。


オーストリア?珍しくない?という感じだと思いますが、


実は、Getzner社は、ウィーンのある東側ではなく


西側のほとんどスイス寄り、イタリアの北側辺りです。


しかも、歴史も古く、1818年創業の老舗です。


そして、「Armani」「Brioni」「Canali」「Corneliani


Givenchy」「Hugo Bos」といった有名ブランドに生地を卸しています。


 

お仕事上、講演会でスピーチをされたり、


体を動かして説明される機会が多いので、


光沢があり、伸縮性のあるストレッチ素材のこの生地をチョイスされました。

 



it2
 

it3

衿型は、衿越し5.5cmのトレボットーニのスナップダウンです。


剣先も長めで、10cmあります。

 

ドレッシーに、ポケットは無し、


袖口は、ダブルカフスにされました。

 

出来上がり価格 23000円+税

 

I様、有難うございました。

 

 




熟練職人と最新マシンによる

ハイブリッド・オーダースーツとオーダーシャツを

こだわりの100%日本縫製にてご提供させていただきます。

 

出来上がり価格(税抜) スーツ 55000円~

                 ジャケット 45000円~

            シャツ 6900円~

 

神戸市中央区北長狭通4-7-3

078-392-0519

営業時間11時~19時

定休日 水曜

 

神戸のオーダースーツ・オーダーシャツ

洋楽オヤジの集まる服屋さんBIGMAN

efacd3a12781a9a1cf0c.jpg
 

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ